日本の写真

Auto-portrait de Frédéric Dupin12歳から写真に熱中した私は、1984年にプロの道を歩み始めて以来、幸運にも写真の世界で働いてきました。

日本文化への私の愛もまた私の人生における多くの情熱の原動力となりました。

柔道先生そして指圧教師として私は、1995年春、初めて日本に足を踏み入れ、一ヶ月に及ぶ冒険を経験し、5 000 km以上を歩き回りました。それはまさに秘儀伝授的な旅であり、私は感動と幸福感に浸って日本を見出しました。

様々な滞在において、私が楽しくこの国を巡り歩いた総距離は40 000 km以上に及びます。

数年前からの日本語学習によって、この幸福がますます大きくなっています。

ここに紹介されている写真は、主に最近の旅行から持ち帰ったもので、二つの情熱の合体を象徴するものです。

Frédéric Dupin au Japon

Copyright ©2019-2020 | 禁無断転載 | 製作 inPhobulle
Libellule inPhobulle

Facebook でシェアTwitter でシェアLinkedIn でシェア